スフィンゴ脂質代謝を介した細胞内情報伝達機構-特にスフィンゴシンの生理作用とアポトーシス誘導を中心として- Membrane Sphingolipid Signaling Pathways : Focusing on Functional Roles of Sphingosine in Apoptosis Induction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

細胞膜スフィンゴ脂質の代謝分解過程で造られるセラミドやスフィンゴシン等のリピド分子の果たす細胞情報伝達における役割が最近注目を集めている。筆者はこの9年間, シアトルにあるバイオメンブラン研究所 (箱守仙一郎所長) で, セラミド, スフィンゴシン及びその誘導体である, メチルスフィンゴシンやスフィンゴシン1-リン酸などの細胞, 生体における生理的役割や薬理的応用に関して研究を進めてきた。この小稿では, 前半で, スフィンゴ脂質代謝変動を介した細胞膜情報伝達機構の全体像を眺めた上で, それに対する筆者の意見やその新たな細胞生理学的意義付けを述べ, 後半の章で筆者らの研究のうち, スフィンゴシンとアポトーシス誘導に関する研究成果を中心に述べ, その中で, スフィンゴシン研究 (スフィンゴロジー) の現状と問題点, 更にスフィンゴロジーの21世紀へむけての展望を語ってみたい。

The signaling roles of ceramide and sphingosine produced through the degrading processes of membrane sphingolipids are receiving hot attention in the recent biochemical and biomedical research fields. For these 9 years at the Biomembrane Institute (director, Prof. S. Hakomori), Seattle, we have studied functional roles of various sphingolipids such as ceramide, sphingosine, methylsphingosines, and sphingosine 1-phosphate in a variety of biomedical systems. First, the recent conceptual development on sphingolipid signaling pathways is outlined and critically analyzed. Next, our studies and findings on the involvement of sphingosine in apoptosis induction of neutrophils and leukemic HL-60 cells are described. Based upon these studies, the perspective of future sphingosine research (sphingology) with an eye towards the 21 st century is briefly mentioned.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1095-1107, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  77件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273559
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324209
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ