血液細胞分化・増殖と糖脂質 Glycosphingolipids in Hematopoietic Cells during Cell Growth and Differentiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では, 血液学・免疫学両分野での糖脂質の機能研究につき, 我々の研究成果に触れながら解説を試みたい。まず, ヒト白血球分化抗原としての糖脂質糖鎖についてまとめたあと, ヒト骨髄性白血病細胞株HL-60の2方向性分化の分化方向を決定付ける糖脂質とその発現制御メカニズム, そしてその糖脂質による細胞分化制御メカニズムにつき述べる。次いで, ヒトBリンパ球細胞株の接着に関与する糖鎖の発現制御機構及びマウス骨髄性白血病細胞株NFS60の自律性増殖にともなったサイトカイン (IL-3) 関連ガングリオシドGD1aの発現調節機構そのGD1aによるSTAT5を介した転写調節・細胞増殖促進メカニズムにつき詳述する。

The functional studies of glycosphingolipids in hematology and immunology fields have been discussed in this review. First, (1) Glycolipid antigens known as cell surface differentiation antigens of human leukocytes, (2) glycosphingolipids that determine the differentiation direction of human myelogenous leukemia cell line HL-60 cells, (3) their expression control mechanism, and (4) the control mechanism of cell differentiation by the glycolipids are summarized. Subsequently, (5) sugar chain expression control mechanism of selectin ligands in human B lymphoid cell lines, (6) cytokine (IL-3) -associated and autonomous growth-associated ganglioside GD1a in mouse myelogenousleukemia cell line NFS60 cells, (7) its expression mechanism, and (8) its transcription and cell growth control mechanism through STATS are described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1109-1116, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273637
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324210
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ