トリアシルグリセリン組成の分析法 Analysis of Triacylglycerol Compositions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鎌田 恒夫 KAMATA Tsuneo
    • 十文字女子大学社会情報学部社会情報学科 Department of Social Communication Science, Faculty of Social Communication Science, Jumonji University

抄録

トリアシルグリセリン (TG) 組成分析法について概説し, 酸化法により安価なTLC-FID装置を用いて油脂のTG組成が高感度で分析できることを例に挙げて示した。本法では無数に存在するTG分子種を S<SUB>3</SUB>, S<SUB>2</SUB>U, SU<SUB>2</SUB>, U<SUB>3</SUB>の4っのTG組成に単純化するので, そのデータ解析は非常に簡単である。したがって, TG組成に基づいて要求される物性の食用油脂を自由に調製することによって高分解能HPLCやGLCと同様のTG分子種分析が可能である。

The studies of analysis of triacylglycerol (TG) compositions were reviewed and the oxidation method was illustrated to determine TG compositions sensitively by inexpensive TLC-FID apparatus. The data analysis in this method are very simple, since numerous TG species are summarized four TG compositions, S<SUB>3</SUB>, S<SUB>2</SUB>U, SU<SUB>2</SUB> and U<SUB>3</SUB>. Therefore, edible fats of any physical properties may be easily prepared based on the TG compositions. Further, TG species of plastic fats determined by the combined use of TLC-FID and GLC are nearly equal to those by high resolution HPLC or GLC.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1117-1125, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273682
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324211
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ