生体調節機能を持つ脂質成分 Biomedical Modulation Effect of Lipid Compound

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

植物ステロール (シトステロール), γ-オリザノール (β-シトステロールフェルラ酸エステル), シトスタノール脂肪酸エステル, ホスファチジルコリン, <I>sn</I>-1-オレオイル-<I>sn</I>-2-ドコサヘキサエノイルホスファチジルコリンおよび脂肪酸第一級アミドのような脂質化合物に関する生体の調節機能をレビーした。<BR>植物ステロール, γ-オリザノール, シトスタノール脂肪酸エステルは血清脂質の代謝を改善した。<BR>特に, γ-オリザノールは中枢神経系に良い効果を与える。<BR>脂質化合物群, ホスファチジルコリン, <I>sn</I>-1-オレオイル-<I>sn</I>-2-ドコサヘキサエノイルホスファチジルコリンおよび脂肪酸第一級アミドは自然なレム睡眠を誘導した。

Biomedical modulation effect on lipid compounds such as phytosterol (sitosterol), γ-oryzanol (β-sitosterol ferulic acid ester), sitostanol fatty acid ester, phosphatidylcholine, <I>sn</I>-1-oleoyl-<I>sn</I>-2-docosahexaenoyl phosphatidylcholine and primary fatty acid amid reviwed.<BR>Phytosterol, γ-oryzanol and sitostanol fatty acid ester improved serum lipid metabolism. Especially, γ-oryzanol has a good effect on central nervous system.<BR>Lipid compounds, phosphatidylcholine, <I>sn</I>-1-oleoyl-<I>sn</I>-2-docosahexaenoyl phosphatidylcholine and primary fatty acid amid induced natural REM sleep.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1127-1136, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273715
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324212
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ