臨床現場から見た過酸化脂質測定の意義 Clinical Evaluation in the Measurement of Lipid Peroxide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

組織障害においてはフリーラジカルによる脂質過酸化反応が大きな役割を果たしている事が指摘されている。従って過酸化脂質を測定する事は種々の疾患における脂質過酸化反応の関与を知るうえにおいて重要である。例えばストレスによって胃粘膜局所における脂質過酸化反応が惹起されるが, そのことが胃粘膜障害発現に関与するとされる。同様のことは糖尿病や肝臓病等他の疾患においても認められている。通常過酸化脂質の測定は臨床的には八木法として知られるTBA法やMCDP法が用いられている。我々は更に不飽和脂肪酸とその過酸化物を同時に測定できる方法として化学発光HPLCによる分析システムを確立し検討してきた。その結果ストレス負荷は脂質過酸化反応を惹起させ, 障害発現にかかわるが, 同時に生体の適応反応としての抗酸化能も亢進することを認めている。従って病態解明においては過酸化脂質を測定するだけではなく, 抗酸化能の測定も生体における酸化的ストレスへの適応能を知り, また疾患への関与を知るうえにおいても重要である。

Lipid peroxidation mediated by free radicals is believed to be one of the important causes of membrane and cell damage. So the measurement of lipid peroxide is useful to know the mechanism of oxidation in various diseases. For example, we have been investigated that the lipid peroxide caused by the stress in gastric mucosa is suggested to cause gastric lesions. The same findings are seen in other diseases like as diabetes mellitus, liver diseases, and so on. The analysis of lipidperoxide is usually done by thiobarbituric acid (TBA) or MCDP method clinically. We have also established the analytic system of lipid hydroperoxide by high performance liquid chromatography (HPLC) using chemiluminescense which could separate unsaturated fatty acid and lipid hydroperoxide simultaneously. The water immersion restraint stress of rat induced significant rise of anti-oxidant capability as an adaptive reaction. So the measurement of anti-oxidant capability is also an important way to know the pathophysiology of diseases induced by oxidant stress.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1159-1166, 1997-10-20

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

  • <no title>

    WALLACE J. L.

    Gastroenterology 100, 878, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    OHKAWA H.

    Anal. Biochem. 95, 351, 1979

    被引用文献16件

  • <no title>

    OHISHI Y.

    Bio. Chem. Int. 10, 205, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    八木国夫

    臨床検査 33, 50, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAMURA T.

    Cytoprotection and Biology London, Cytomedica 181, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAMURA T.

    Jpn. J. Gastroenterol 85, 1459, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    KAWAMURA T.

    Jpn. J. Clin Pathol. 40, 881, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    GRANGER D. N.

    Gastroenterology 81, 22, 1981

    被引用文献2件

  • <no title>

    板部洋之

    生化学 67, 13, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    大久良晴

    過酸化脂質研究 19, 144, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    MIYAZAWA T.

    J. Biochem. 103, 744, 1988

    被引用文献6件

  • <no title>

    STOCKS J.

    Clin. Sci. Mol. Med. 47, 212, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    LINDEMAN J. H. N.

    Pediatri Res. 26, 20, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    ASAYAMA K.

    Free Radical Biology & Medicine 15, 597, 1993

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273847
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324215
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ