生体触媒によるモノテルペノイドの変換 -植物寄生菌の特異的な生化学反応による生理活性物質の生産をめざして- Biotransformation of Monoterpenoids by Biocatalysis -Production of Biologically Active Substances by Using Specific Bioreaction of Plant Parasitic Fungus-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮澤 三雄 MIYAZAWA Mitsuo
    • 近畿大学理工学部応用化学科 Department of Appliede Chemistry, Faculty of Science and Engineering, Kinki University

抄録

本総説では各種モノテルペノイドの微生物変換について概説する。特に生体触媒としての植物寄生菌の応用, 微生物特有の位置選択的変換, 立体特異的変換やユニークな新微生物変換反応を取り上げた。本稿で扱った97種のモノテルペノイドを基質とした微生物変換に関する報告は1980~1997年に報告されたものであり, それらの変換反応様式と代謝産物の立体化学および生体触媒としての微生物の新展開について紹介した。

Microbial transformation of various monoterpenoids was reviewed. Developmental studies on application of plant parasitic fungus as biocatalysis, techniques for selective transformation and better yields of desired products are highlighted. The reaction types and stereochemistry in the biotransformation are described in 97 monoterpenoids. Various monoterpenoid substrates, their metabilities and the micro-organisms used for the transformations are compiled covering the literature for the period late 1980-1997.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1177-1194, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  105件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002273914
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324217
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ