植物スフィンゴ脂質の構造特性と低温耐性 Structural Characteristics of Plant Sphingolipids in Relation to Chilling and Freezing Tolerance

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大西 正男 OHNISHI Masao
    • 帯広畜産大学生物資源科学科応用生命科学講座 Department of Bioresource Science, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
    • 伊藤 精亮 ITO Seisuke
    • 帯広畜産大学生物資源科学科応用生命科学講座 Department of Bioresource Science, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine

抄録

代表的な植物スフィンゴ脂質であるグルコシルセラミド (セレブロシド) は細胞膜と液胞膜の主要な脂質成分のひとつである。一般にスフィンゴ脂質は構造的な要因として膜を強固にする機能を有することが知られているが, 植物細胞では高含量のセレブロシドの存在は低温条件下での膜の流動性制御に対してマイナスに作用するとともに局部的な膜の相転移状態を引き起こす可能性がある。現在, 植物の低温傷害あるいは凍結傷害と関連したスフィンゴ脂質の役割について多くの研究がなされている。<BR>本総説では, 動物スフィンゴ脂質とは顕著に異なる植物スフィンゴ脂質の構造知見を概説し, その中で低温感受性と低温耐性植物から分離したセレブロシドの分子種多様性について述べるとともに, DSC分析から明らかになったセレブロシド分子種の熱特性ならびに低温ストレスに対する応答としてのセレブロシド組成の変化について説明する。また, 著者らの植物スフィンゴ脂質の代謝に関する最近の研究成果についても紹介する。

Glucosylceramide (cerebroside), the representative plant sphingolipid, has been reported to be located in plasma membranes and tonoplasts as a mojor lipid class. In general, sphingolipids are known to possess the function which is structural and providing increased rigidity to membranes, but the high proportions of cerebroside in plant membranes might effect negatively on the regulation of fluidity and induce the local gel-to-liquid crystalline phase transition under the low temperature condition. Intensive research, therefore, has focussed upon the roles of the plant sphingolipids in relation to chilling- (and/or freezing-) injury.<BR>In this review, we describe structural information on plant sphingolipids, which is quite different with that of animal sphingolipids, including molecular species diversity of cerebrosides separated from chilling-sensitive and chilling-resistant plants, thermotrophic properties of corebroside species determined using DSC, and prominent changes in the cerebroside composition as the response to the low temperature stress. Our recent studies on metabolism of plant sphingolipids are also presented.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1213-1225, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  69件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274099
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324220
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ