木材の液化と二, 三の応用 Liquefaction of Wood and Its Several Applications

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

フェノール類あるいはアルコール類の存在下でのバイオマスの無触媒ないし酸触媒液化の研究が進展しつつある。極く最近には, 連続液化装置が試作され, 改良が図られている。それらの装置を使って木材を5~15minの処理で液化することが可能となって来ている。液化された木材生成物は容易に接着剤, 三次元硬化樹脂, 発泡体, 炭素繊維その他へ変換し得る。射出成形すら採用し得る。それらの成形材料のほとんどは生分解性であることが証明された。他方, それら液化物の単離, 分析を通しての研究から250℃という高い温度, 無触媒下での液化はホモリシスによって主として進展するのに対し, 強酸存在下150℃の加温下では反応はヘテロリティックな可溶媒分解によって進展することが知られた。

Studies on liquefaction of biomass in the presence of phenols or alcohols with or without acid catalyst has been developing. Successive liquefaction apparatuses have been developed very recently. By using these apparatus, wood can be liquefied within five to fifteen min. The liquefied wooden products can be converted easily to adhesives, three-dimensionally cured molded materials, foams, carbon fibers and others. Even injection molding is adoptable. Most of these molded materials have been proved to be biodegradable. On the other hand, after analyses of these liquefaction products it has been found that the liquefactions without catalyst at an elevated temperature of 250°C proceed mainly through homolysis, while in the presence of strong acids and under the temperature of 150°C the reactions proceed through heterolytic solvolysis.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1227-1236, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274169
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324221
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ