脂質の消化管機能調節作用 Regulation of Gastrointestinal Functions by Dietary Lipids

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 原 博 HARA Hiroshi
    • 北海道大学農学部生物機能化学科 Department of Bioscience and Chemistry, Faculty of Agriculture, Hokkaido University

抄録

食事脂質は, 消化管の中において, 吸収される前に粘膜細胞に受容され, 消化管ホルモンの分泌を促進する。分泌が刺激されるホルモンとしては, コレシストキニン, セクレチン, エンテログルカゴン, ペプチドYYなどである。また, 食餌脂質は消化管神経叢も刺激する。これらは, 相互作用しながら, 膵外分泌, 胃酸分泌, 胃排出速度や小腸粘膜増殖などの消化管機能を調節している。また, 脂質は粘膜細胞のイコサノイド産生を変化させることで, 炎症性腸疾患や, 大腸がんの病態にも影響を与えている。

Dietary lipid is received by mucosal cells in the gastrointestinal tract before absorption from the small intestine, and the lipid enhances the secretion of various gut hormones, cholecystokinin, secretin, entroglucagon, PYY and glucose-dependent insulinotropic peptide, and stimulates enteric nervous system. Gut hormones and the nervous systems are interact each other and regulate gastrointestinal functions, exocrine secretion, gastric acid secretion, gastric emptying and mucosal growth of the small intestine. Also, properties of dietary fat, especially content of <I>n</I>-3 and <I>n</I>-6 fatty acids, influence colonic mucosal growth through production of icosanoids by mucosal cells. These are involved in inflammatory bowel disease and colon cancer.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1237-1246, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  57件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274201
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324222
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ