やし油産業の現状と展望 Present Condition and the Future Aspects of Coconut Oil Industry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ココヤシの果実は熱帯地方で最も重要な果物である。やし油はこの果実の内胚乳から得られ, 東南アジアで大量に生産している。フィリピンとインドネシアの2か国で, 世界の生産量の61%を生産し, その輸出量は世界の87%になる。また, やし油からアルコールの生産能力は比国の場合, 年間9万9千tである。一方, インドネシアには, やし油を年間6万t使用するオレオケミカルズの工場がある。<BR>やし油産業の開発課題として, 奨励ハイブリドの栽培による増産, 湿式製油法の開発によるやし油の製造及び全果実の多角的利用等について述べている。

In the tropics, the fruit of coconut palm is the most useful fruit. Coconut oil is produced from endosperm of the fruit and the production is a large quantities in Southeast Asia. 61% of the world production in 1996 was produced in Philippines and Indonesia and 87% of the world export in 1996 were exported from these countries. Also, the production capacity of alcohol from coconut oil is 99 thousand tons per annum in Philippines. A factory is using 60 thousand tons of coconut oil per annum for oleochemicals in Indonesia.<BR>The future aspects of coconut oil about the increased yield through the plantation of the recommended hybrids, the development of wet method on oil separation process and the multiple utilization of the whole coconut fruit are described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1257-1265, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274330
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324224
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ