遺伝子組換え農作物の開発の現状 Current Condition of Developments of Transgenic Crop Plants

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 日野 明寛 HINO Akihiro
    • 農林水産省食品総合研究所 分子機能開発研究室 Molecular Engineering Laboratory, National Food Research Institute Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries

抄録

遺伝子組換え技術は病虫害抵抗性やストレス耐性等が付与された高品質, 高収量の新しい農作物の品種の開発をもたらすと期待されている。1994年には遺伝子組換え技術により開発された日持ちの良いトマトが, 米国において世界で初めて商品化されている。日本においても除草剤の影響を受けないダイズやナタネ, 害虫抵抗性のトウモロコシやジャガイモといった7種類の遺伝子組換え農作物の安全性が確認された。<BR>しかしながら, 一般消費者は遺伝子組換え技術に馴染みが薄く, 不安を感じている。これは技術を理解する事の難しさと, 情報の不足が原因と考えられる。遺伝子組換え技術は来世紀に人類が抱える食料問題, 地球環境問題を解決する技術として重要なため, その生産物を消費者に受け入れてもらうべく, 正しい情報を提供し, 農業バイオテクノロジーを推進する必要がある。

The Recombinant DNA (rDNA) technique is expected to bring about a great progress in the improvement of breeding technology and the development of new plant varieties showing high quality and high yield, such as those with excellent pest and disease resistances, those with environmental stress tolerance, <I>etc</I>. In the USA, a late ripening tomato variety which was developed through the rDNA technology was commercialized as the world's first recombinant food in 1994. Seven transgenic crop plants, such as herbicide tolerant soybean and canola, insect resistant corn and potato, were complied the all safety assessments with the guidelines required and they are marketable in Japan.<BR>General public, however, are not familiar with rDNA technology, and some seem to feel uncomfortable with biotechnology. It is caused by the difficulty of the technology, and lacking of sufficient information. In order to promote agricultural biotechnology, it is important to give precise information about rDNA technology to general public so that they can comfortably accept the products. Because, the rDNA technique is the most important technology to improve world's food supply and global environment in the next century.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1289-1297, 1997-10-20

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

  • <no title>

    COHEN S.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 70, 3240, 1973

    被引用文献6件

  • <no title>

    日野明寛

    遺伝子ターゲッティングの基礎と応用 150, 1995

    被引用文献5件

  • <no title>

    バイオインダストリー協会

    OECDと日本のバイオテクノロジー政策, 1997

    被引用文献3件

  • <no title>

    日野明寛

    植物防疫 50, 175, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    BERG P.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 72, 1981, 1975

    被引用文献2件

  • <no title>

    米国官報

    1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    科学技術庁ライフサイエンス課

    組換えDNA実験指針-解説 Q&A-, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    OECD publications

    Recombinant DNA Safety Considerations, 1986

    被引用文献2件

  • <no title>

    OECD Publications

    Safety Evaluation of Foods Derived by Modern Biotechnology, Concepts and Pinciples, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    OECD Publications

    Safety Considerations for Biotechnology : Scale-up of Grop Plants, 1993

    被引用文献1件

  • <no title>

    農林水産先端技術産業振興センター

    OECD報告バイオテクノロジーに関する安全性考察, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    農林水産分野等における組換え体の利用のための指針関係通達集, 1989

    被引用文献1件

  • <no title>

    組換えDNA技術応用食品 食品添加物の安全性評価指針について, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    厚生省生活衛生局食品保健課

    食品分野への組換えDNA技術応用に関する指針, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    組換え体利用飼料の安全性評価指針の制定について, 1996

    被引用文献1件

  • 組換え生物の安全性評価 (<ミニレビュー>生物生産における遺伝子ターゲッティング)

    日野 明寛

    日本農藝化學會誌 70(8), 911-914, 1996-08-01

    CiNii PDF - オープンアクセス  J-STAGE DOI 参考文献14件 被引用文献2件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274424
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324228
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ