油脂代替物 Fat Replacer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

油脂代替物は, 炭水化物ベースの油脂類似物, タンパク質ベースの油脂類似物, 構造脂質, 合成油脂類似物よりなる。炭水化物ベース及びタンパク質ベースの油脂類似物は, 低温もしくは室温で製造されている多くの製品に現在使用されている。これらの油脂類似物は, 通常油脂の9kcal/gと比較してわずか4kcal/gしかカロリーを有さないため, 通常油脂を含む製品と比較して, これら油脂類似物を使用した製品はカロリーを低下させることが可能となる。しかしながらこれら油脂類似物は揚げ物やチョコレートには使用されない。一方, 構造脂質と合成油脂類似物は, チョコレート, 焼き物, スナック菓子に使用されている。合成油脂類似物は, 脂質の構造を持たず, 小腸内で消化されにくい。そのためこれら類似物はカロリー0, もしくはほぼ0となる。構造脂質を使用した製品は, 日本市場で既に出回っているが, 合成油脂類似物の使用はまだ日本では許可されていない。

Fat replacers consist of carbohydrate-based fat mimetics, protein-based fat mimetics, structured lipids and synthesized fat mimetics. Carbohydrate-based and protein-based fat mimetics are now used in many kinds of products prepared under low or room temperature. These fat mimetics can decrease calorie levels of products when compared to products containing regular fat, because these fat mimetics have only 4 kcal/g compared to 9 kcal/g in regular fat. However, these fat mimetics can not be used in fried foods and chocolates. On the other hand, structured lipids and synthesized fat mimetics are used in chocolates, baked products and snacks. Synthesized fat mimetics do not have fat structures and are hard to be digested in the small intestine. As a result, these mimetics become 0 or almost 0 kcal/g. Products using structured lipids are already available on the Japanese market, but synthesized fat mimetics are not allowed in Japan yet.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(10), 1299-1307, 1997-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  28件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274441
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4324229
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ