超臨界流体クロマトグラフィーの脂質分離への適用 Application of Supercritical Fluid Chromatography to Lipid Separation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 榊 啓二 SAKAKI Keiji
    • 物質工学工業技術研究所・化学システム部 Department of Chemical Systems, National Institute of Materials and Chemical Research

抄録

超臨界流体クロマトグラフィー (SFC) の脂質分離への適用についてレビューした。キャピラリーカラムおよびパックドカラムSFCが非極性, 低極性の脂質の分離に広く利用されているが, その発表データを整理して示した。脂肪酸とトリアシルグリセリンのSFCにおける分離挙動を, ガスクロマトグラフィーと液体クロマトグラフィーの場合と比較した。本総説には, 天然油脂からの高価値成分の分画に分取スケールSFCを用いた例についても記述した。

The application of supercritical fluid chromatography (SFC) to lipid separation is reviewed. Both capillary and packed column SFC have been extensively used in the separation of nonpolar and less polar lipids, and the published data are summarized in this paper. The separation behavior of fatty acids and triacylglycerols in SFC is discussed in comparison with that in gas chromatography and liquid chromatography. This report also describes some applications of preparative SFC to the fractionation of high value constituents contained in natural lipids.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(11), 1335-1345, 1997-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  65件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274470
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4344224
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ