スクアレン酸化劣化挙動 Degradation by Oxidation of Squalene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

流通型反応器を用いてスクアレンの酸化反応挙動を追跡した。反応初期から過酸化物の分解反応が起こる反応後期までの酸化生成物を紫外線吸収および化学発光検出器を付設した高速液体クロマトグラフィーおよびヨウ素滴定法によって測定した。反応初期の酸化挙動は回分反応器で求めた酸化速度挙動の結果と同様であった。酸化反応は, 速度の遅い誘導期と速度が誘導期の10<SUP>3</SUP>倍以上の加速期の2段階で進行する。スクアレンは, 誘導期を過ぎると, 非常に早い速度で連鎖的に酸化され, 6種の過酸化物が生成することが分かった。6種の過酸化物が生成することが分かった。6種の過酸化物は高速液体クロマトグラフィーで分離後, 化学発光検出器にて検出した。過酸化物は, さらに分解および重合反応によって直ちに有機酸, ケトン, アルデヒドおよび四量体程度の重合体に変化することが分かった。

An aerobic oxidation of squalene was carried out in a flow reactor system. Six peroxides obtained by this process were subjected by HPLC with UV, chemical luminescence detectors and iodometry. The oxidation was similar to that in the batch reactor system in which two periods of oxidation (induction and acceleration periods) were observed. In the acceleration period after the induction, squalene was oxidized by the series reactions with very high rates to form six peroxides. The peroxides were further decomposed and polymerized to carboxylic acids, ketones, aldehydes and high molecular weight products as tetramer.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(11), 1361-1367, 1997-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274544
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4344226
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ