スクアレンの酸化反応速度 Oxidation Rate of Squalene

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

反応初期で微小な過酸化物生成量を酸素吸収量より測定する回分型反応器を用いて, スクアレンの酸化速度を測定した。酸化反応は, 速度の非常に遅い誘導期と誘導期の約10<SUP>3</SUP>倍の速度を持った加速期の2段階で進行することが分かった。誘導期の時間は反応温度が高いほど, スクアレンの未反応濃度が大きいほど短くなった。誘導期および加速期における酸化反応速度はいずれも未反応部位濃度に関して一次反応として近似できた。反応過程を脂質の励起反応およびそれに続く逐次的なラジカル反応過程を考慮して説明した。さらに, 各段階の一次反応の各々の速度定数を温度の関数として表した。

The rate of the oxidation of squalene was examined in the batch reactor, in which oxygen consumption was continuously measured to compute peroxide formed. Two oxidation steps were observed in the systems. The rate for the later of these periods (hereafter called acceleration period) is greater than 10<SUP>3</SUP> times of that of the early (hereafter called induction) of them. The time length for the induction periods decreased with the reaction temperature and the concentration of unreacted sites. The overall rates of both period were expressed by the first order of the concentration of unreacted sites. The reaction process of both periods were interpreted by some steps of the excitation of reaction sites and chain reactions for excited species. The reaction constants for both reactions were determined by the function of temperature.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(11), 1369-1374, 1997-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274553
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4344227
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ