アルキルイミノジ酢酸塩の溶液物性 Solution Properties of Alkyliminodiacetate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルキルイミノジ酢酸塩は身体用洗浄剤の基剤として開発された界面活性剤である。本検討において著者らはアルキルイミノジ酢酸塩についてクラフト点, 表面張力, 起泡力, 浸透力および耐硬水性を測定し, その溶液物性を評価した。また, アルキルイミノジ酢酸塩の疎水基であるアルキル基の長さの変更や, 親水基についてモノ酢酸型, モノプロピオン酸型, ジプロピオン酸型への変更を行い, それらについても同様の物性を測定し結果を比較することにより, 界面活性剤の溶液物性と構造の相関について考察した。溶液物性の測定から以下のようなことが明らかになった。1) アルキルイミノジ酢酸塩のクラフト点はアルキルアミノ酢酸塩に比べ非常に低い, 2) アルキルイミノジ酢酸塩はアルキルアミノ酢酸塩に比べ親水性が高い, 3) アルキルイミノジ酢酸塩は良好な起泡力を示す, 4) アルキルイミノジ酢酸塩の浸透力はアルキル基が長くなるにつれて増大する, 5) 耐硬水性試験の結果からアルキルイミノジ酢酸のモノナトリウム塩とジナトリウム塩では金属の捕捉機構が異なることが推察される。

Alkyliminodiacetate is a surfactant recently developed for toiletry application.<BR>The solution properties of alkyliminodiacetate were examined by measuring the Krafft point, surface tension of the surfactant solution, foaming power, wetting ability and Ca tolerance. The relation between there properties and surfactant structure was sought by comparing the results of alkyliminodiacetate with different length of alkyl chain, alkylaminoacetate, alkylaminopropionate and alkyliminodipropionate.<BR>Clarification was made of the following ; 1) the Krafft point of alkyliminodiacetate is much lower than that of alkylaminoacetate, 2) alkyliminodiacetate is more hydrophilic than alkylaminoacetate, 3) the foaming power of alkyliminodiacetate is sufficient, 4) the wetting ability of alkylimino-diacetate increases with length of the alkyl chain, 5) the Ca tolerance suggests the mechanism of chelating metals of disodium alkyliminodiacetate to differ from that of monosodium alkyliminodiacetate.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(11), 1375-1381, 1997-11-20

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

  • <no title>

    竹原将博

    表面 22, 459, 1984

    被引用文献2件

  • <no title>

    STEIN A.

    J. Am. Chem. Soc. 77, 191, 1955

    被引用文献1件

  • <no title>

    永田章

    油化学 10, 693, 1961

    被引用文献1件

  • <no title>

    ALLEN W. D.

    Separation Science and Technology 14, 769, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    JONES M.

    J. Inorg. Nucl. Chem. 38, 613, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    小出善文

    日化 1980(5), 742

    被引用文献1件

  • <no title>

    YAMAZAKI S.

    HRC CC. (9), 765, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    小出善文

    油化学 39, 736, 1990

    被引用文献2件

  • <no title>

    ブロック ジャコブ

    公開特許, 昭50-122470

    被引用文献1件

  • <no title>

    BLOCK J.

    US Pat., 3981779, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    OKUMURA T.

    Bull. Chem. Soc. Japan. 47, 1067, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    OKUMURA T.

    Bull. Chem. Soc. Japan. 47, 2986, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    TAJIMA K.

    Langmuir 7, 2764, 1991

    被引用文献4件

  • <no title>

    TAJIMA K.

    Langmuir 7, 2774, 1991

    被引用文献3件

  • <no title>

    中村昭雄

    油化学 41, 224, 1992

    被引用文献1件

  • <no title>

    PALEOS C. M.

    Mol. Cryst. Lig. Cryst. 186, 251, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    矢野弥

    油化学 11, 138, 1962

    被引用文献6件

  • <no title>

    辻井薫

    油化学 30, 566, 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    日高久夫

    油化学 28, 190, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    SCHUBERT H.

    Tenside Deterg. 4, 173, 1967

    被引用文献1件

  • <no title>

    鈴木裕二

    油化学 34, 277, 1985

    被引用文献1件

  • <no title>

    TYLE P.

    J. Pham. Sci. 80, 201, 1991

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274564
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4344228
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ