Comparison of Antioxidative Activity of Phenolic Compounds in Boreava orientalis and Their Related Compound

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<I>Boreava orientalis</I>より得られたフェノール化合物およびそれらの関連構造を持つ化合物の抗酸化活性について2, 2'-アゾビス (2, 4-ジメチルバレロニトリル) (AMVN) によるリノール酸メチルの過酸化系を用いて検討した。フェニルプロパノイド, 特にシナピン酸誘導体に強い抗酸化活性が認められた。

Examination was made by the effects of antioxidative activity of phenolic compounds isolated from <I>Boreava orientalis</I> fruit (Cruciferae) and related compounds on free radical-oxidation of methyl linolate in solution. Based on methyl linolate hydroperoxide production using 2, 2'-azobis (2, 4-dimethyl valeronitrile) (AMVN) as the radical initiator. Dihydroxybenzoic acids and phenylpropanoids, particularly cinnamic acid derivatives, were shown to be strong antioxidatnts.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(11), 1399-1402, 1997-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274606
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4344231
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ