サイトカインアッセイによるラウリルイミノジカルボン酸塩の毒性に関する評価 Evaluation of Toxicity of Lauryliminodicarboxylate by Cytokine Assay

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

正常ヒト表皮角化細胞をラウリルイミノジ酢酸塩 (LIDA) および類縁の界面活性剤で処理することにより, 細胞外に放出された炎症の初期に産生されるサイトカイン (インターロイキン, 以下ILとする) の量を測定し, 界面活性剤の細胞毒性との関係について考察した。LIDAによる細胞毒性の発現にはIL-1αとIL-8の放出が関与していることが示唆されたが, 同じ濃度においてラウリルイミノジプロピオン酸塩 (LIDP) ではIL-1αと IL-6の放出への関与はみられなかった。ラウリルアミノ酢酸塩 (LAA) とラウリルアミノプロピオン酸塩 (LAP) ではLIDPよりもIL-1αとIL-6を多く放出させ, 細胞毒性への関与が示唆された。ラウリル硫酸ナトリウム (SLS) は他の界面活性剤に比べ, IL-1α, IL-6およびIL-8のいずれにおいても最も大きな放出量を示した。

Cytokine (interleukin ; IL) release related dermal acute inflammation was measured for normal human epidermal keratinocyte treated with lauryliminodiacetate (LIDA) and analogous surfactants. The relation of IL with surfactants was examined.<BR>Cytotoxicity introduced by LIDA appears involved in the release of IL-1α and IL-8, while no remarkable release of IL-1 α and IL-6 could be detected for lauryliminodipropionate (LIDP) at essentially the same concentration. For laurylaminoacetate (LAA) and laurylaminopropionate (LAP), greater IL-1 a and IL-6 release than LIDP was noted, indicating higher cytotoxicity. With sodium lauryl sulfate (SLS), IL-1α, IL-6 and IL-8 release was largest.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(11), 1403-1406, 1997-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274620
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4344232
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ