ペルフルオロオクチル基を導入したエポキシ硬化物 Cured Epoxy Compound Introduced Perfluorooctyl Group

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エポキシ樹脂へのペルフルオロオクチル基 (Rf) の導入とその特性との関係を明らかにするため実験した。<BR>Rf数%の導入で酸無水物硬化エポキシ樹脂硬化物の接触角は約20度向上した。Rfを含有する化合物は, 8 (9) - [2- (ペルフルオロオクチル) エトキシ] トリシクロ [5.2.1.0<SUP>2, 6</SUP>] デカ-3-エンをエポキシ化したもの, 更にヒドロキシル化したものの両者であった。前者が酸無水物と反応しないのに対して, 後者は反応して酸無水物硬化エポキシ硬化物中に組み込まれた。

Study was made to determine the relation between the introduction of the perfluorooctyl group (Rf) into epoxy resin and its properties. When Rf was present at a few % in acidanhydride-cured epoxy resin, its contact angle increased by 20 degrees. Compounds examined in this study to introduce Rf groups into epoxy resins were (1) : 8 (9) - [2- (perfluorooctyl) ethoxy] tricyclo [5.2.1.0<SUP>2, 6</SUP>] decane-3, 4-epoxide and (2) : a derivative of (1) which had a hydroxyl group. When reacted with acid anhydride to preparate acid-anhydride-cured epoxy resin, (1) did not react with the anhydrides, whereas (2) was successfully incorporated into the resin.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(11), 1407-1410, 1997-11-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274628
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4344233
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ