有機溶媒/水系における酵素の構造変化と反応特異性 Structural Changes and Specificity of Enzymes in Aqueous/Organic Media

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

有機溶媒/水系におけるプロテアーゼの構造に関する最近の分光学的研究の結果について概説する。α-キモトリプシンやスブチリシンの蛍光及び円二色性スペクトルの変化は, それらの触媒活性と密接な相関があることが見いだされた。この結果は, 水溶液中と比較して有機溶媒中での酵素の活性変化が, 主にその構造変化に起因することを示している。プロテアーゼの基質特異性及びエナンチオ特異性も, 有機溶媒の性質及び有機溶媒/水の組成により変化する。一般に, プロテアーゼのS<SUB>1</SUB>サイト特異性は水溶液中に類似しているが, S'<SUB>1</SUB>サイト特異性は水溶液中と異なる。有機溶媒中での酵素反応を利用したペプチド, エステル合成及び光学分割についても述べる。

The results of recent spectroscopic studies on structure of proteasses in aqueous/organic media are reviewed. The changes of fluorescence and circular dichroic spectra of α-chy-motrypsin and subtilisins were closely related to the change of catalytic activity of the enzymes. This indicates that the change of the catalytic activity in organic solvents as compared to that in aqueous solutions is mainly ascribed to the change in higher structures of the enzymes. The substrate specificity and enantiospecificity of proteases are also dependent on the nature of organic solvents and aqueous/organic solvent composition. Generally, S<SUB>1</SUB> site specificity of proteases in organic solutions is very similar to that in aqueous solutions, whereas S'<SUB>1</SUB> specificities are different for reactions in aqueous and organic solutions. The applications of enzyme reactions in mainly organic solvents to peptide or ester synthesis and optical resolution of racemic compounds are described.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(12), 1447-1454, 1997-12-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274633
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4367141
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ