二本鎖型カチオン界面活性剤の親水性表面への吸着形態 Adsorption of Double-chain Cationic Surfactant on Hydrophilic Surface

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 國枝 博信 KUNIEDA Hironobu
    • 横浜国立大学大学院工学研究科人工環境システム学専攻 Division of Artificial Environments Systems, Graduate School of Engineering, Yokohama National University

抄録

二本鎖型カチオン界面活性剤 (ジオクタデシルジメチルアンモニウムクロリド;DODAC) は, 柔軟仕上げ剤やヘアリンスの主剤として用いられている。その親水性表面への吸着状態を電子顕微鏡, 原子間力顕微鏡により観察した。<BR>親水化処理をほどこしたニトロセルロース膜にDODACの水中分散液を滴下し, ネガティブ染色法を用いて電子顕微鏡観察を行った。超音波処理を行わない試料に関しては, 膜上には平均直径250nmの多重層ベシクルが膜上に吸着していた。超音波処理を施した試料は, 一枚膜型ベシクルを形成する。<BR>マイカ基板上にDODAC分散液を滴下して, 原子間力顕微鏡により吸着したベシクルの形態および厚さを測定した。超音波処理を行ったベシクルは, 乾燥後の厚さが4nmとなった。これはベシクルの内水相が乾燥とともに外部へ流出し, 閉殻構造がつぶれて, さらに二分子膜が指組構造をとっていると考えられる。<BR>これらの結果よりDODACは単分子の状態で吸着するのではなくベシクルの状態で親水性表面に吸着していることが明らかとなった。

The double-chain cationic surfactant (dioctadecyl dimethyl ammonium chloride; DODAC) is used as a fabric-softener or for hair rinsing. The morphologies of DODAC agregates adsorbed on a hydrophilic surface was investigated by electron and atomic force microscopy.<BR>An aqueous DODAC dispersion was dropped on a hydrophilic nitrocellulose membrane and was observed by transmission electron microscopy by using of negative-staining method. Multilayer vesicles (250 nm in mean diameter) were adsorbed on the hydrophilic surface. Following ultrasonication, small unilamellar vesicles could be observed on the surface.<BR>The texture and thickness of vesicles on the mica surface was measured by an atomic force electron microscopy. The thickness of ultrasonicated vesicles after drying was 4 nm. Interior water of vesicle is eleminated by drying, thus causing the closed-shell structure to collapse, and this may have caused the bilayer to take on an interdigitated structure.<BR>DODAC molecules do not form monolayers on a hydrophilic surface, but are adsorbed as a vesicular state.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(12), 1461-1465, 1997-12-01

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  22件中 1-22件 を表示

  • <no title>

    藤原康晴

    衣生活論 77, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    花王生活科学研究所

    清潔な暮らしの科学[生活編], 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    妹尾学

    界面活性の化学と応用 149, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本化学会(編)

    コロイド科学 III 生体コロイドおよびコロイドの応用 230, 1996

    被引用文献2件

  • <no title>

    TIBERG F.

    Langmuir 9, 927, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    TIBERG F.

    Langmuir 10, 2294, 1994

    被引用文献2件

  • <no title>

    ISRAELACHVILI J. N.

    Intermolecular and Surface Forces, 1985

    被引用文献35件

  • <no title>

    TANFORD C.

    The hydrophobic effect, Chaters 2-11, 1980

    被引用文献17件

  • <no title>

    野島庄七

    リポソ-ム, 1988

    被引用文献23件

  • <no title>

    JONES M. N.

    Micelles, Monolayers, and Biomembranes Chap. 2, 5, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    水平敏知

    医学 生物学領域の電子顕微鏡操作マニュアル, 1988

    被引用文献2件

  • <no title>

    野々村禎昭

    電子顕微鏡, 1986

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本化学会編

    コロイド科学 IV コロイド科学実験法 31, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本化学会編

    コロイド科学 IV コロイド科学実験法 33, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    KUNIEDA H.

    J. Phys. Chem. 82, 1710, 1978

    被引用文献4件

  • <no title>

    KUNITAKE T.

    J. Am. Chem. Soc. 99, 3890, 1977

    被引用文献1件

  • <no title>

    KUNITAKE T.

    Chem. Lett. 1979, 1413

    被引用文献2件

  • <no title>

    古澤邦夫

    ゼーター電位 114, 1995

    被引用文献3件

  • <no title>

    ALBERT B.

    Moleculat Biology of the Cell 287, 1983

    被引用文献1件

  • <no title>

    WILKINSON D. A.

    Biochim. Biophys. Acta 905, 447, 1987

    被引用文献4件

  • <no title>

    SCAMEHORN J. A.

    J. Colloid Interface Sci. 85, 463, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    ESUMI K.

    Colloid & Surfaces 62, 249, 1992

    DOI 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274681
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4367143
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ