生体適合性界面活性剤系におけるW/O型マイクロエマルションの形成 Formation of W/O Type Microemulsions in Biocompatible Surfactant Systems

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 田岡 英実 TAOAK Hidemi
    • 横浜国立大学大学院工学研究科人工環境システム学専攻 Division of Artificial Environments Systems, Graduate School of Engineering, Yokohama National University
    • 小川 悦子 OGAWA Etsuko
    • 横浜国立大学大学院工学研究科人工環境システム学専攻 Division of Artificial Environments Systems, Graduate School of Engineering, Yokohama National University
    • 國枝 博信 KUNIEDA Hironobu
    • 横浜国立大学大学院工学研究科人工環境システム学専攻 Division of Artificial Environments Systems, Graduate School of Engineering, Yokohama National University

抄録

W/O型マイクロエマルションは, 等張生理食塩水/タウロコール酸ナトリウム (NaTC) /ソルビタンラウレート (SL-10) /イソプロピルミリステート (IPM) 系において形成される。また, 水の可溶化量は, 与えられた油/水の系において混合界面活性剤のHLBが最適な条件において最大となる。ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油 (HCO-10) は, わずかに親水性の強い界面活性剤であるが, NaTCとの混合において, 油としてIPM, グリセリン=トリス (2-エチル) ヘキサノエート (TEH) を用いた場合可溶化量は減少する。しかし, HCO-10をより親油的な cosurfactant, SL-10, グリセリン=1-オレエート (MGO) と混合させると, 油としてTEHを用いた場合可溶化量は増大する。<BR>一方, HCO-10単独のHLBは, 水/IPM系において適度であり, 親水性もしくは親油性の界面活性剤と混合した場合, 等張食塩水の可溶化量は減少する。<BR>本研究においては, 温度及び油の型による影響についても議論した。

W/O-type microemulsions are formed in Ringer's solution/sodium taurochorate (NaTC) /sorbitan laurate (SL-10) /isopropyl myristate (IPM) system. The solubilization of water becomes maximum when the hydrophile-lipophile features of the mixed surfactant are optimal in a given oil/water system. Polyoxyethylene hydrogenated caster oil (HCO-10) is slightly hydrophilic and its solubilization is reduced when mixed with NaTC, with grycerol tris (2-ethyl) hexanoate (TEH) or IPM as an oil. When HCO-10 is combined with more lipophilic cosurfactant, SL-10, glycerol 1-oleate (MGO), solubilization increases. HLB of HCO-10 alone is optimal in a water/IPM system and the solubilization of water is reduced whenever a lipophilic or hydrophilic surfactant is present. Examination was also made of the effects of temperature and the types of oils (IPM, TEH) on the formation of microemulsions.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(12), 1475-1479, 1997-12-01

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  16件中 1-16件 を表示

  • <no title>

    SOLANS C.

    Industrial Applications of microemulsions 97, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    高橋正雄

    日本薬学会第115年会 薬剤学, 製剤学部会講演要旨集(仙台市) 30-P1-15-93, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    高橋正雄

    日本薬学会第116年会 薬剤学, 製剤学部会講演要旨集4(金沢市) 29-01-11-3, 1996

    被引用文献1件

  • <no title>

    高橋正雄

    日本薬学会第117年会 薬剤学, 製剤学部会講演要旨集(町田市) 28-P1-9-71, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    國枝博信

    油化学 29, 676, 1980

    被引用文献2件

  • <no title>

    小西宏明

    フレグランスジャーナル 31, 47, 1978

    被引用文献1件

  • <no title>

    ISAKSSON B.

    Acta Soc. Med. upsaliensis 56, 177, 1951

    被引用文献1件

  • <no title>

    CAREY M. C.

    Arch. Intern. Med. 130, 506, 1972

    被引用文献2件

  • <no title>

    KUNIEDA H.

    J. Colloid Interface Sci. 136, 432, 1990

    被引用文献1件

  • <no title>

    KUNIEDA H.

    J. Colloid Interface Sci. 159, 37, 1993

    被引用文献2件

  • <no title>

    KUNIEDA H.

    J. Colloid Interface Sci. 116, 224, 1987

    被引用文献2件

  • <no title>

    OLSSON U.

    J. Phys. Chem. 90, 4083, 1986

    被引用文献5件

  • <no title>

    SOLANS C.

    Industrial Applications of microemulsions 97, 1997

    被引用文献2件

  • <no title>

    KUNIEDA H.

    J. Colloid Interface Sci. 107, 129, 1985

    被引用文献4件

  • <no title>

    KUNIEDA H.

    J. Colloid Interface Sci. 107, 107, 1985

    被引用文献12件

  • <no title>

    國枝博信

    油化学 38, 996, 1989

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274722
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4367145
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ