イチヨウ葉エキスの抗酸化作用 Antioxidant Action of Ginkgo biloba Extract

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 野口 範子 NOGUCHI Noriko
    • 東京大学先端科学技術研究センター Research Center for Advanced Science and Technology, University of Tokyo
    • 石 紅〓 SHI Honglian
    • 東京大学先端科学技術研究センター Research Center for Advanced Science and Technology, University of Tokyo
    • 陳 京生 CHEN Jing Sheng
    • 東京大学先端科学技術研究センター Research Center for Advanced Science and Technology, University of Tokyo
    • 二木 鋭雄 NIKI Etsuo
    • 東京大学先端科学技術研究センター Research Center for Advanced Science and Technology, University of Tokyo

抄録

イチョウ葉エキス (GBE) の抗酸化活性について種々の反応系において調べた。GBEはガルビノキシルラジカルと速やかに反応し, また, ペルオキシルラジカルのスカベンジャーとして働くことが明らかとなった。リノール酸メチル均一溶液や, 大豆ホスファチジルコリンのリポソーム膜, そして低比重リポタンパク (LDL) の脂質酸化を濃度依存的に抑制した。さらに, GBEはα-トコフェロキシルラジカルを還元し, 脂質やLDLの酸化において, α-トコフェロールの減少を抑制することがわかった。これらの結果はGBEが<I>in vivo</I>においても<I>in vitro</I>と同様に有効な抗酸化物として働くことを示唆している。

The action of <I>Ginkgo biloba</I> extract (GBE) as an antioxidant was studied in various systems. GBE reacted rapidly with galvinoxyl radical and acted as a peroxyl radical scavenger. It also suppressed in a concentration-dependent manner the oxidations of methyl linoleate in homogeneous solution, soybean phosphatidylcholine liposomal membranes and also low density lipoprotein in aqueous dispersions. GBE was found to reduce α-tocopheroxyl radical and spare α-tocopherol in the oxidations of lipids and LDL. These results suggest that GBE might act as a potent antioxidant <I>in vivo</I> as well as <I>in vitro</I>.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(12), 1481-1488, 1997-12-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274739
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4367146
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ