高度不飽和リン脂質の自動酸化挙動(第3報) 高度不飽和アシル基をもつリン脂質と油脂の自動酸化挙動の比較 Autoxidative Behavior of Polyunsaturated Phospholipids. III. Comparison of Autoxidative Behavior between Polyunsaturated Phospholipid and Triacylglycerol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

トリアシルグリセリン (TG) とリン脂質 (PL) を含むサケ卵油が, TGのみからなるサケ油に比較して酸化に対して非常に安定であること, またこのサケ卵油の高い安定性はその脂質組成とトコフェロールやアスタキサンチンの含有量に依存することが前報において明らかになったため, 高度不飽和TG, 高度不飽和PL及びこれらの3 : 1混合試料の自動酸化挙動について検討した。サケ卵油から分画したPL, TG及びこれらの3 : 1混合試料をトコフェロール添加系または無添加系において30℃暗所にて自動酸化させた。これらの試料の自動酸化挙動は過酸化物価 (PV), カルボニル価 (CV) 及び脂肪酸組成により追跡した。<BR>TGではPVが上昇した後にCVが上昇したのに対し, PLでは酸化の初期段階においてCVがPVと同時に上昇し始めた。PLとTGの自動酸化挙動の差は, PLでは主な酸化一次生成物であるヒドロペルオキシドの安定性が悪いこと, あるいは脂質ペルオキシラジカルから二次生成物であるカルボニル化合物への経路が異なることによると思われた。<BR>これらの試料にトコフェロールを0.1%添加するといずれにおいても酸化が抑制され, ラジカル捕捉剤としてのトコフェロールの酸化防止作用はPLやTGにおいてよりもTGとPLの混合試料において, より顕著に観察された。これらの結果から, TGにPLとトコフェロールが共存することは高度不飽和TGを自動酸化条件下で安定化させるために非常に有効であることが示唆された。

The autoxidative behavior of polyunsaturated triacylglycerol (TG), phospholipid (PL) and their 3 : 1 mixture was examined, since salmon egg oil consisting of TG and PL was previously found to be much more stable than salmon oil consisting only of TG, and this higher stability of salmon egg oil was dependent on the lipid composition, and the amounts of tocopherol and astaxanthin coexisted. PL and TG fractionated from salmon egg oil and the 3 : 1 mixture were autoxidized at 30°C in the dark with or without tocopherol. The autoxidative behavior of these samples was monitored by peroxide value (PV), carbonyl value (CV) and fatty acid composition.<BR>Increase in PV was followed by CV that during the autoxidation of TG, but CV began to rise simultaneously with PV at the early stage of the autoxidation of PL. Differences in the autoxidative behavior of PL and TG may possibly arise from the lesser stability of hydroperoxides as the main primary products of autoxidation or other pathway for the conversion of lipid peroxy radicals to the secondary carbonyl compounds.<BR>The addition of 0.1% tocopherol to the samples retarded autoxidation in all cases. The antioxidative effect of tocopherol as a free radical scavenger was greater on the TG-PL mixture compared to PL or TG. Thus appear, coexistence of tocopherol and PL in TG would very effective for stabilizing polyunsaturated TG under autoxidation conditions.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 46(12), 1489-1494, 1997-12-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274772
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4367147
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ