キャベツ起源ホスホリパーゼDによる大豆リン脂質からホスファチジルセリンの調製 Preparation of Phosphatidylserine from Soybean Phospholipid by Cabbage Phospholipase D

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

キャベツ起源のホスホリパーゼDを用いて90%のホスファチジルコリン (PC) と10%のホスファチジルエタノールアミン (PE) から成る大豆リン脂質 (PC-90) からホスファチジルセリン (PS) 調製条件を検討した。種々の条件検討の結果, 0.13mmolのPC-90に対して, ジエチルエーテル : 5mL, pH 6.5酢酸緩衝液 : 3mL, 塩化カルシウム濃度 : 1M, セリン : 8.6mmol, キャベツ起源ホスホリパーゼD : 0.5IUを37℃, 2hの恒温振盪で混合することによって, PC-90からPSを含有率約37%まで高めることができた。この最適条件下にPCは加水分解または変換反応により著しく減少したが, PEのPSへの変換は僅かであった。<BR>本酵素の変換活性はpH 5.6の酢酸緩衝液で酵素を1h前処理することにより向上し, 30minの短時間でPS含有率が52%まで高めることが可能となった。

We have tried to prepare phosphatidylserine (PS) using phosphatidylcholine (PC) concentrated soybean phospholipid (PC-90) which was composed of 90% PC and 10% phosphatidylethanolamine (PE), and serine by the transphosphatidylation with phospholipase D from fresh cabbage leaves. The optimum conditions for PS preparation were determined as follow : PC-90, 0.13mmol; diethylether, 5mL; acetate buffer (pH 6.5) which contained 1M CaCl<SUB>2</SUB>, 3mL; phospholipase D from fresh cabbage leaves, 0.5IU. The conversion ratio from PC-90 to PS reached to 37% for 2h under the optimum condition PC, a main component of the substrate, decreased remarkably by the transphosphatidylation or the hydrolysis, but a small amount of PE was converted into PS.<BR>Transphosphatidylation activity of the enzyme was much enhanced by pre-incubation with acetate buffer at pH 5.6 for 1h. The conversion ratio from PC-90 to PS with the pre-incubated enzyme reached to 52% after 30min under the optimum condition.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(1), 51-56, 1998-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002274992
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4380647
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ