ラクチドとε-カプロラクトンとのランダムおよびブロック共重合体の合成と生分解性 Synthesis and Biodegradation of Random and Block Copolymers of Lactide with ε-Caprolactone

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小島 圭介 KOJIMA Keisuke
    • 広島大学工学部第三類応用化学 Department of Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Hiroshima University
    • 安田 源 YASUDA Hajime
    • 広島大学工学部第三類応用化学 Department of Applied Chemistry, Faculty of Engineering, Hiroshima University

抄録

ラクチド (LA; L-, DL-体) とε-カプロラクトン (CL) とのランダムおよびブロック共重合体 (コポリマー), ならびにこれらモノマーの単独重合体 (ホモポリマー) が, 反応条件を適切に変化させることにより, 一つの触媒 [AlEt<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O (1 : 0.75)] のみを用いて比較的高収率で得られた。<BR>続いて, 得られた (コ) ポリマーの酵素 {コレステロールエステラーゼ (<I>Pseudomonas</I> sp.由来), プロティナーゼK (<I>Tritirachium album</I>由来)} ならびに活性汚泥による生分解性を調べた。コレステロールエステラーゼはCLに対して, 一方, プロティナーゼKはLAに対して基質特異性 (分解性) を有していた。したがって, 前者 (エステラーゼ) はCLを多く含むコポリマーを, プロティナーゼKはLAを多く含むコポリマーをよく分解した。ランダムコポリマーの分解性は一般的にブロックコポリマーよりも大きかった。<BR>ポリマーの分解性は酵素の基質特異性やポリマーの一次構造のみならず, 融点や結晶性 (融解熱) のような熱的特性にも大きく依存することが判明した。L-LA/CL (=86/14) ランダムコポリマーは, L-LAホモポリマーの熱的特性をあまり変化させることなく, プロティナーゼKにより容易に分解された。ほどよい酵素分解性を保持しながらも, 非晶性のポリ (DL-LA) に結晶性を付与することが可能であった。これらLA/CLコポリマーはまた活性汚泥によっても分解され得た。

Random and block copolymers of lactide (LA; L-, DL-isomers) with ε-caprolactone (CL) and the homopolymers of these monomers were obtained in relatively high yields by making the proper changes in the polymerization conditions, using only one catalyst [AlEt<SUB>3</SUB>/H<SUB>2</SUB>O (1 : 0.75)].<BR>Then, the biodegradation of obtained (co) polymers by enzymes [cholesterol esterase (from <I>Pseudomonas</I> sp.), proteinase K (from <I>Tritirachium album</I>)] and activated sludge was examined. Cholesterol esterase had substrate specificity (degradability) for CL, whereas proteinase K, for LA. The former thus considerably degraded copolymers containing more CL, while proteinase K, those containing more LA. The degradability of random copolymers was generally greater than that of block copolymers.<BR>Polymer degradability was found to strongly depend not only on substrate specificity of the enzymes and primary structures of the polymers but also thermal properties such as melting point and crystallinity (heat of fusion). The L-LA/CL (=86/14) random copolymer more readily underwent degradation by proteinase K without significant change in the thermal properties of L-LA homopolymer. It was possible for the amorphous poly (DL-LA) to take on a crystalline state, though moderate enzymatic degradation continued to occur. The LA/CL copolymers could also be degraded by activated sludge.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(1), 73-81, 1998-01 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275042
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4380650
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ