^<13>C-NMRスペクトルによる植物油のsn-2位脂肪酸組成分析 Determination of 2-Acyl Positional Fatty Acid Distribution in Vegetable Oils by High Resolution ^<13>C Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 三宅 裕子 MIYAKE Yuko
    • 味の素(株)食品総合研究所油脂・蛋白開発研究所 Oils & Vegetable Proteins Laboratories, Food Research & Development Laboratories, Ajinomoto Co. Inc.
    • 横溝 和久 YOKOMIZO Kazuhisa
    • 味の素(株)食品総合研究所油脂・蛋白開発研究所 Oils & Vegetable Proteins Laboratories, Food Research & Development Laboratories, Ajinomoto Co. Inc.

抄録

<SUP>13</SUP>C-NMR法による植物油中の<I>sn</I>-2位脂肪酸組成分析法を確立した。拡大スペクトル法を用いることによって, 各構成脂肪酸のカルボニル炭素およびオレフィン炭素のピークがアシル基結合位置により分離された。<BR>オレフィン炭素は不飽和脂肪酸 (オレイン酸, リノール酸, リノレン酸) の分離が可能であり, オレフィン炭素ピークの積分値より求める場合は, 分析時間もカルボニル炭素ピークの積分値より求める場合と比較して3hと短いが, 飽和脂肪酸ピークを検出することができない。一方, カルボニル炭素は飽和脂肪酸ピークが検出できた。<BR>さらに, 酵素GC法での各種植物油の分析結果との比較を行い, <SUP>13</SUP>C-NMRの定量分析の検討を行った。その結果, <SUP>13</SUP>C-NMR法は酵素GC法の分析結果と高い相関を持つことが示された。<BR>以上より, オレフィン炭素法およびカルボニル炭素法との組み合わせにより一般的な植物油の<I>sn</I>-2位脂肪酸組成分析が可能であると考えられる。

2-Acyl positional fatty acid distribution of edible vegetable oils was determined by high resolution <SUP>13</SUP>C nuclear magnetic resonance spectroscopy. Quantitative analysis of each 2-acylpositional fatty acids were carried out by dividing each peak area by that of total carbonyl or olefinic carbon on <SUP>13</SUP>C-NMR. Individual chemical shifts were observed for the fatty acids with resolution enhancement. The carbonyl region could be used to identify oils containing only saturates, oleyl and linoleyl group at 2-acyl position. The olefinic region was useful for determining the number of acyl groups that gave rise to superimposed carbonyl peaks, as in the case of linoleyl and linolenyl. <BR><SUP>13</SUP>C-NMR conditions which affect time saving and quantitative analsis was examined. As a result, total time required to obtain the data from olefinic region is reduced to about 3h per each sample. The <SUP>13</SUP>C-NMR method was assessed for capacity in making quantitative determinating using the Lipase-GC method. Regression of data obtained by the two methods showed satisfactory correlation. The olefinic and carbonyl spectral regions when used together provide information essential for determining full acyl positional distribution.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(2), 179-185, 1998-02 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275183
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4403029
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ