カゼイン溶液中の起泡阻止効果に及ぼす食品用乳化剤の粒子径効果 Particle Size Effect of a Food Emulsifier on Antifoaming Action in Casein Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 杉山 佳代 SUGIYAMA Kayo
    • 三菱マテリアル(株)アルミ缶開発センター Aluminum Can Development Center, Mitsubishi Materials Corporation
    • 江角 邦男 ESUMI Kunio
    • 東京理科大学理学部応用化学科・界面科学研究所 Department of Applied Chemistry and Institute of Colloid and Interface Science, Science University of Tokyo

抄録

カゼイン溶液における食品用乳化剤の起泡阻止に及ぼす粒子径効果を, 泡立ち量測定, 及び動的表面張力測定によって調べた。カゼイン溶液には消泡剤としてショ糖ラウリン酸エステル (L195) を, 分散剤としてショ糖パルミチン酸エステル (P1670) を加えた。泡立ち量はP1670の濃度とL195の粒子径に伴い変化した。特にL195の粒子径が6μmを越えたとき, 効果的に消泡が起こり, 動的表面張力にも有意の低下が見られた。<BR>我々は, 6μmを越える粒子の含まれる割合を消泡に有効な粒子径 (EAD) と定義した。EADが89%以上の時, カゼイン溶液に対する消泡能力が明らかに高められることが分かった。

Particle size effect of a food emulsifier on antifoaming action in casein solution was examined by measuring air volume in froth and dynamic surface tension.<BR>Casein solutions contained sucrose lauric acid ester (L195) as an antifoaming agent and sucrose palmitic acid ester (P1670) as a dispersion agent. Air volume changed with the concentration of P1670 and particle size of L195. L195 particle size at more than 6μm had particular capacity for antifoaming action, and at which dynamic surface tension was considerably reduced. L195 particle size exceeding 6μm was thus defined as the effective antifoaming diameter (EAD). At more than EAD 89% in casein solutions, antifoaming ability was enhanced.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(3), 269-275, 1998-03 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275338
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4424549
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ