高分子化合物を用いた機能性LB膜組織体の形成 Preparation of Functional Polymer LB film Assemblies

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安藤 康夫 ANDO Yasuo
    • 東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻 Department of Applied Physics, Graduate School of Engineering, Tohoku University
    • 宮崎 照宣 MIYAZAKI Terunobu
    • 東北大学大学院工学研究科応用物理学専攻 Department of Applied Physics, Graduate School of Engineering, Tohoku University

抄録

近年,高分子化合物を用いたLB膜が興味を持たれ始めている。高分子化合物の単分子膜形成やそのLB膜形成に影響する因子について低分子両親媒性化合物との違いなどの観点から,実際の高分子LB膜形成の例をもとに解説を行う。新規な高分子LB膜としてそれまであまり報告例のないフッ素系の高分子LB膜についても紹介を行う。また,高分子LB膜への機能性の導入法の検討と実際の興味ある例として磁気機能団を導入した高分子LB膜の解説を行った。

LB films composed of polymer compounds are of interest as potential sources of new materials. Various factors influencing the formation of stable polymer monolayer are reviewed from a difference from low molecular weight monolayers. As a new type of polymer LB films, fluorinated polymer LB films with excellent surface properties such as water repellency and lubricant, and polymer LB films containing organic magnetic functionality are discussed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(4), 323-331, 1998-04 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  30件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275387
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4459379
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ