逆相HPLCにおけるトリアシルグリセリンの保持時間推定法 Estimation of the Retention Times of Triacylglycerols, as Determined by Reversed-Phase HPLC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

光散乱検出器を備えた逆相高速液体クロマトグラフィーを用いて数多くの飽和トリアシルグリセリン試料の保持時間を求めた。溶離液にはアセトニトリル/ジクロロメタンまたはアセトニトリル/アセトンの混合溶媒を用いた。アシル基構成炭素数と保持時間の関係は片対数グラフ上の2次曲線を用いることで正確な近似が可能であった。<BR>不飽和トリアシルグリセリン標準試料を同じ条件で分析して保持時間を求めた。不飽和トリアシルグリセリンのアシル基炭素数(ECN)を計算して求め,保持時間がトリアシルグリセリン分子を構成するアシル基の組み合わせとどのように関係しているかを決定した。また溶媒の混合割合と保持時間の関係についても検討した。

The time parameter for saturated triacylglycerol was determined by reversed-phase high performance liquid chromatography using a light scattering detector and acetonitrile/dichloromethane or acetonitrile/acetone mixture solvent as the mobile phase. The relationship between carbon number in a triacylglycerol molecule acyl chains and the retention time was accurately derived from the quadratic curve on a log-linear graph.<BR>The retention times of species of unsaturated triacylglycerols were then examined under the same conditions. The equivalent carbon number (ECN) of the each unsaturated triacylglycerol was calculated and the manner in which the retention time was related to the three acyl chains in a triacylglycerol molecule was determined. The relationship between the mixing ratio of elution solvents and retention time was also examined.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(4), 339-343, 1998-04 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275431
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4459381
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ