銀担持球状粘土鉱物を用いたクロマトグラフィーによる高度不飽和脂肪酸の分離(第2報)高純度ドコサヘキサエン酸の工業デベルの大量分散 Separation of Polyunsaturated Fatty Acids by Chromatography Using a Silver-Loaded Spherical Clay. II Industrial Scale Preparation of High-Purity DHA.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

銀担持球状粘土鉱物SC (Ag)を固定相とする超臨界流体クロマトグラフィー(SFC)を用いて,高純度のドコサヘキサエン酸エチルエステル(DHA-E)の精製を行った。この精製において,分取カラムをスケールアップすること,並びにDHA-E含有率の高い試料を用いることによって,高純度(99%以上)DHA-Eの回収量を増加させることができた。物性試験から得られたDHA-Eは試薬レベルの品質を示し,精製による劣化等は認められなかった。また,目標とするDHA-Eの純度を99%から95%に変えることによって,1サイクルの精製時間を大幅に短縮させることが可能となり,一日当たりの精製回数も増加させることが可能となった。

Docosahexaenoic acid ethyl ester (DHA-E) was refined by Supercritical Fluid Chromatography (SFC) using silver-loaded spherical clay material [SC(Ag)] in the stationary phase. High purity DHA-E (99%) could thus be recovered to a greater degree by using the oil with high DHA-E content, and by enlarging the preparative column. This DHA-E was found to have reagent grade purity, and purification was not attended with deterioration. The time required for purification could be shortened by changing the purity of DHA-E from 99% to 95%, and more DHA-E per day of higher purity could thus be obtained by this new method.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(4), 351-357, 1998-04 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275457
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4459383
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ