ガスクロマトグラフィー-ヘリウムマイクロ波誘導プラズマ原子発光検出法(GC-MIP-AES)による油脂成分トリメチルシリル誘導体の元素組成分析 Molecular Formula Determination of Trimethylsilyl Derivatives of Lipids by Gas Chromatography-Microwave-Induced Plasma-Atomic Emission Spectrometry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ガスクロマトグラフィー-マイクロ波誘導プラズマ原子発光分析法(GC-MIP-AES)を脂肪酸(FA),モノアシルグリセリン(MG)及びジアシルグリセリン(DG)トリメチルシリル(TMS)エステル(又はエーテル)誘導体の元素組成分析に適用し評価を行った。ケイ素による負の干渉を酸素発光クロマトグラムにおいて認めた。その干渉の強度及び正の酸素発光強度は,ヘリウムメークアップガス流量の増加と共に反比例的に減少した。ヘリウムメークアップガス流量の至適条件下(160mL/min)において,FA, MG及びDG-TMS誘導体の元素組成分析における酸素個数は,理論値±0.3個以内と計算され,それらの相対標準偏差(%)は,3.1% (FA-TMS), 4.1% (MG-TMS)及び4.5% (DG-TMS)以内であった。

Gas chromatography-microwave-induced plasma atomic emission spectrometry (GC-MIP-AES) was shown an effective means for determining the empirical formulae of fatty acid (FA), monoacylglycerol (MG) and diacylglycerol (DG) trimethylsilyl (TMS) ester (or ether) derivatives. Negative interference by silicon was demonstrated on an oxygen emission chromatogram. Negative interference and positive oxygen emission intensity decreased with increase in the rate of helium make-up gas flow. At optimal helium make-up gas flow (160mL/min), the oxygen number of the empirical formulae of FA, MG and DG-TMS derivatives were determined within ±0.3 atoms of theoretical formulae, and relative standard deviation (%) was less than 3.1% for FA-TMS, 4.1% for MG-TMS and 4.5% for DG-TMS.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(4), 359-368, 1998-04 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275461
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4459384
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ