ジアシルグリセリンの長期摂取によるヒトの体脂肪代謝に及ぼす効果 Long-Term Effects of Dietary Diacylglycerols on Body Fat Metabolism in Man

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この研究は,長期間の食事性ジグリセリド摂取の人体脂肪に対する影響を検討するために行った。使用したDGの脂肪酸組成は,TGの脂肪酸組成と同じであった。健常男子(27~49歳)には,一日当たり50g(朝食として15g,昼食として15g及び夕食として20g)のTGを通常の食事として与えた。4週間のTG食の後,10gのDGまたはTGを朝食を与えるために被験者を二群に分けた。被験者は4週間毎に,最寄りの医療施設で,採血,身体計測及びCTスキャン(CT)による腹部脂肪量測定と肝脂肪量測定を行った。摂取後12週目において,DG食群ではTG食群と比較して,体重,BMI及びウエスト-ヒップ比が有意に低下した。DG食終了後において,腹部の体脂肪量はTG食終了後と比べてより減少していた。肝脂肪量の指標となる肝臓CT/脾臓CT比の結果から,肝脂肪量はTG食群と比較してDG食群で摂取後8及び12週目に有意に低下した。DG食群におけるDGの肝脂肪量の減少効果は,血清遊離脂肪酸の低下が大きかった被験者ほど明らかであった。一方,DG食群の血清ケトン体はTG食群と比べて上昇する傾向にあった。TG食群において,血清グルコース及びインスリンは有意に上昇したが,DG食群では試験期間中においてそれらは上昇しなかった。これらの結果から,DG食はインスリンの感受性を改善し,肝臓でのβ酸化を上昇させることによって内蔵及び肝臓の脂肪量を減少させているものと考えられた。DGはエネルギーとして利用されやすく,TGに比べて,血清インスリンや遊離脂肪酸を減少させ,低蓄積性の油脂であると考えられる。

This study was conducted to examine the long-term effects of dietary diacylglycerols (DG) on body fat in man. The fatty acid composition of DG used in this study was similar to that of triacylglycerols (TG). Healthy male subjects (27-49 years) were supplied their usual diet with 50g TG (15g for breakfast, 15g for lunch and 20g for dinner) a day. After a 4-week TG diet period, the subjects were divided into two groups to be supplied their usual breakfast with either 10g lipids of DG or TG. Every 4 weeks, the subjects visited the clinic for blood sampling, and had abdominal fats and liver fat determined by computed tomography (CT). In the DG diet group, body weight, body mass index and waist hip ratio decreased significantly after 12 week ingestion compared to the TG diet group. Fat in the abdominal region at the end of the DG diet decreased more than the end of the TG diet. The results for the liver CT/spleen CT ratio which is an indicator of liver fat content showed that fat in the liver had decreased significantly 8 and 12 week after ingestion in the DG diet group. A decreasing effect of DG on the amount of lipid of the liver in the DG diet group was clearly observed in the subjects with a greater reduction in free fatty acid in the serum. On the other hand, the amount of ketone body in the DG diet group was inclined to be higher than that in the TG diet group. Glucose and insulin in the serum increased significantly after the TG diet, but it did not increased during the period of examination in the DG diet group. These results showed that the DG diet improved insulin sensitivity and reduced visceral and liver fat by increasing β-oxidation in the liver. It can be considered that DG is an ideal source of energy, assuring less fat accumulation by decreasing serum insulin and fatty acids compared to TG.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(4), 369-376, 1998-04 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275483
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4459385
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ