無機イオン/界面活性剤ハイブリッドメゾフェーズからの無機多孔体 Inorganic Porous Materials from Inorganic Ion/Surfactant Hybrid Mesophase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

FSM-16やMCM-41のようなメソポーラス無機物質は広い領域の研究者から大きな関心を集めており, 分子ふるい, 吸着剤, クロマト剤, 触媒担体, 触媒としての潜在的な可能性が検討されている。メソポーラス無機物質は無機イオン/界面活性剤ハイブリッドメゾフェーズ (ISH) を燃やしてつくられる。ISHは多成分系であるために, 合成条件に複雑に依存し, 非常に変化に富む構造をとる。われわれはまず, FSM-16やMCM-41の調製法を紹介し, ついでISHの一般的調製法を生成機構とともに述べる。最後に, これまでに調製されたISHを無機イオンの種類, メゾフェーズの多形, 形態, 結晶子径および格子定数に注目してまとめる。

Ordered mesoporous inorganic materials such as FSM-16 and MCM-41 are of particular interest owing to the potential application as molecular-sieves, adsorbents, chromatographic materials, catalytic supports, and catalysts. Such porous materials were prepared by the calcination of inorganic ion/surfactant hybrid mesophases (ISH), which from multicomponent systems would have very variant structures, depending on the particular conditions for synthesis. First preparation methods for MCM-41 and FSM-16 and then general methods for producing ISH which may lead to mesoporous materials, along with a formation mechanism for ISH, are discussed. Finally, many different ISH prepared solar are summarized in regard to the view point of kind of inorganic ions and polymorphs, morphology, crystallinity, and lattice constants of mesophases.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(5), 429-440, 1998-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  37件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275514
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4481768
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ