高度不飽和脂肪酸の高度精製技術 High Purification of Polyunsaturated Fatty Acids

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エイコサペンタエン酸 (EPA), ドコサヘキサエン酸 (DHA) やドコサペンタエン酸 (DPA) を含む高度不飽和脂肪酸 (PUFA) はその生理活性から機能性食品や医薬品として注目を浴びている。中でも医薬品原料として利用したり, またその機能を確認するためにはPUFAを高度に精製する必要がある。PUFAを高度に精製するためにこれまで多くの検討がなされEPAのように実用化されているものもある。しかしPUFAの種類や由来する原料により複雑な処理工程を必要とし, 必ずしも大規模精製が完成しているとは言えない。<BR>筆者らは, DHAとn-6ドコサペンタエン酸 (DPA) を高い含量で含む海生菌から得られたSingle Cell OilエチルエステルをODS充填カラムを用いた工業的規模での分取HPLCを行い, 分取クロマトだけで高度に分離・精製されたDHA-EとDPA-Eが得られる可能性を見いだした。

Polyunsaturated fatty acids (PUFA), including eicosapentaenoic acid (EPA), docosahexaenoic acid (DHA) and docosapentaenoic acid (DPA), are of particular interest for the potential applications to functional diets and medication, which would require a high degree of purity.<BR>Considerable effort has been directed to the purification of PUFA. EPA has been fully purified on an industrial scale.<BR>The purification of PUFA is difficult due to the numerous complex processes required. A large scale purification still remains to be fully realized.<BR>Esterified single cell oil containing high DHA and DPA content was purified in the present study by an industrial scale high-performance liquid chromatography (HPLC) plant using ODS columns. Highly purified DHA-E and DPA-E were obtained in a one-step process.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(5), 449-456, 1998-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  57件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275597
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4481770
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ