構造脂質と栄養学的研究 -その吸収と代謝効果- Nutritional Studies on Structured Lipids -Their Absorption and Metabolic Effects-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 青山 敏明 AOYAMA Toshiaki
    • 不二製油株式会社応用研究所栄養健康開発室 Department of Nutrition and Health, Applied Research Institute, Fuji Oil Co., Ltd.

抄録

トリアシルグリセリン構造の違いによる物性等の変化は報告されているが, 生体に及ぼす影響についてはあまり知られていない。本稿では構造脂質の消化吸収過程および栄養生理作用を中心に述べ, トリアシルグリセリン構造が生理機能に及ぼす影響について概説した。一般に1, 3位よりも2位脂肪酸の方が消化吸収性が良いと言われているが, 脂肪酸の種類やその組み合わせ方によって結果が異なることを示した。また, トリアシルグリセリン構造の違いが血漿コレステロール濃度に影響を与え, 脂質代謝に関与することを示唆した。さらに, ある特定の脂肪酸を組み合わせた構造脂質で食欲を抑える作用が見いだされており, 消化吸収性や脂質代謝以外の生理作用にも関与する可能性について言及した。

Changes in physical function due to different triacylglycerol structures have been studied but their effects on a living body are little understood. The digestion, absorption and nutritional functions of structured lipids were examined in this study and the effects of triacylglycerol structure on physiological functions are discussed. The absorption of fatty acids at the 2 position of glycerol is considered greater than at 1 or 3, but this would depend on fatty acid type and combination. Differences in triacylglycerol structures also affect plasma cholesterol and accordingly should thus also influence lipid metabolism. A structured lipid with stearic and hexanoic acids was found to suppress food intake, suggesting its involvement not only in lipid absorption and metabolism but physiological functions as well.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(5), 457-465, 1998-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  69件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275655
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4481771
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ