相間移動反応によるアセト酢酸メチルの2-エチル化 2-Ethylation of Methyl Acetoacetate by Phase Transfer Reaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非水系の相間移動反応によるアセト酢酸エステルとヨウ化エチルとの反応における2-エチル化の選択性について検討した。相間移動触媒としてトリエチルベンジルアンモニウム=クロリドを用いた室温での反応で高い選択性が観察された。適した溶媒としてはベンゼンであることが明らかになった。

Examination was made of the selectivity of 2-ethylation in the reaction of acetoacetate with ethyl iodide using the nonaqueous phase transfer reaction. Selectivity was high in the reaction using triethylbenzylammonium chloride as the phase transfer catalyst at room temperature. A suitable solvent was shown to be benzene.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(5), 513-514, 1998-05 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275823
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13418327
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ