Na+,Mg2+,Ca2+を対イオンとして有するN-ラウロイル-N-メチルタウリンの溶液物性--対イオンの結合によるミセルの段階的再構成 Stepwise Changes in Solution Properties of N-lauroyl-N-methyltaurinates Having Na^+, Mg^<2+>, and Ca^<2+> as Counter Ions : Successive Micellar Reorganization in Relation to Binding of Counter Ions

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(6), 563-576, 1998-06 

    日本油化学会

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275851
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4502257
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ