油/水界面で形成する液晶を利用したO/W型液晶エマルション-乳化法と乳化粒子の毛髪への付着性- O/W Type Emulsion using Liquid Crystal formed at Oil/Water Interface -Emulsification Method and Adhesion of the Emulsion Droplets to Hair-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

油/水界面で形成する液晶を用いた新しいO/W型液晶エマルションの乳化法とそれにより調整したエマルション粒子の毛髪への付着性について報告した。その方法は,ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン(LB)水溶液に,攪拌下でオレイン酸(OA)を溶解した油相を添加してエマルションを調整する方法である。すなわち,OAとLBの静電的結合によって油/水界面で,OA, LB,油,水の4成分からなる液晶が効率よく生成し,乳化粒子の回りを液晶が取り囲んだ液晶エマルションが調整できる。この方法によって調整したO/W型液晶ゲルエマルションは,水で稀釈すると微細なエマルションとなり,さらにその毛髪に対する付着性を調べた結果,LBを乳化剤としたそれに比べより多くの油を毛髪に付着させた。これは,蛍光スペクトル測定から,乳化粒子の油/水界面において,親油的な液晶が形成されているため乳化粒子同士及び乳化粒子と毛髪との相互作用が強くなる結果,すすいでも容易に油が脱着せずより多くの油を毛髪に付着させたものと推論された。

A new emulsification method was established using liquid crystals formed at Oil/Water interface and adhesion of the emulsion droplets to hair was noted. In this method, a dispersed phase (Oil phase) containing Oleic Acid (OA) is added to water containing N-Lauryl-N, N-dimethyl-Betain (LB) with stirring. Liquid crystals comprised of water, oil and a complex formed by statistic bonding between OA in oil and LB in water were produced at the Oil/Water interface. Each emulsion droplet was surrounded by a liquid crystal. A gel-like emulsion prepared by this method showed greater adhesion to hair compared to LB. Fluorescence spectrum and adhesion data indicated emulsion droplets surrounded by liquid crystals to be more hydrohobic and have affinity not only toward each other but hair as well.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(6), 585-590, 1998-06 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275886
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4502259
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ