ごま油の官能評価と揮発性フレーバー成分のGCデータとのケモメトリックスによる比較 Comparison of Sensory Evaluation and Gas Chromatographic Data of Volatile Flavor Compounds in Sesame Seed Oil by Chemometrics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

29種類のごま油の官能評価データとGCデータの関係について,多変量解析法を用いて調べた。ごま油の官能評価データとGCデータを,各々主成分分析,並びにクラスター分析で解析し,29種類のごま油サンプルを分類した結果,官能評価データでは6つのクラスターに,GCデータでは4つのクラスターに分類できた。両者のクラスターは,2サンプルを除いて良好に一致した。GCデータと,10種のフレーバー特性(強い,軽い,香ばしい,まろやかな,ナッツ様,苦い,渋い,複雑な,劣化した,後に残る)に関する官能評価データとの関係を,重回帰分析を用いて解析したところ,全ての重回帰モデルが,統計的に有意(P<0.01)であった。

The relationship between sensory data and gas chromatographic (GC) was investigated for 29 samples of sesame seed oil by multivariate analysis. The samples were classified into six and four groups by the couple of principal components analysis and cluster analysis of sensory and GC data, respectively. The clusters were found to correspond well to each other except in two cases. GC data were examined for their relating to the sensory scores on ten flavor attributes (strong, light, aromatic, mild, nutty, bitter, astringent, complicated, degraded, aftertaste) by stepwise multiple regression analysis. All multiple regression models had statistical significance (P<0.01).

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(6), 599-604, 1998-06 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002275930
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4502261
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ