魚肉を投与したキタムラサキウニ生殖巣の脂肪酸組成 Fatty Acid Composition of the Gonad of the Sea Urchin Strongylocentrotus nudus Fed Fish

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 板橋 豊 ITABASHI Yataka
    • 北海道大学水産学部海洋生物資源化学科 Department of Marine Bioresources Chemistry, Faculty of Fisheries, Hokkaido University
    • 熊谷 光洋 KUMAGAI Mitsuhiro
    • 北海道大学水産学部海洋生物資源化学科 Department of Marine Bioresources Chemistry, Faculty of Fisheries, Hokkaido University
    • 太田 亨 [他] OTA Toru
    • 北海道大学水産学部海洋生物資源化学科 Department of Marine Bioresources Chemistry, Faculty of Fisheries, Hokkaido University

抄録

キタムラサキウニ<I>Strongylocentrotus nudus</I>にホッケ<I>Pleurogrammus azonus</I>を投与して飼育し, 生殖巣の脂肪酸組成に及ぼす魚肉の影響を検討した。投与したホッケは, その筋肉脂質中に全脂肪酸中15.8%のイコサペンタエン酸 (IPA) と9.6%のドコサヘキサエン酸 (DHA) を主要ポリエン酸として含有した。天然キタムラサキウニは全脂肪酸中8.4%のIPA, 8.0%のアラキドン酸および5.2%の5, 11-イコサジエン酸を主要ポリエン酸として含有したが, DHAは1.7%にすぎなかった。5カ月間の飼育後, これらの値はそれぞれ10.2, 5.1, 4.6, 4.5%に変動した。得られた結果は, 魚肉中のDHAはキタムラサキウニの生殖巣に取り込まれること, さらにDHA含量の高い餌料を投与することによりDHA高含有ウニの開発が可能であることを示唆する。

Examination was made of the effects of fish diet on the fatty acid composition of the gonad of the sea urchin, <I>Strongylocentrotus nudus</I> using the arabesque greenling <I>Pleurogrammus azonus</I> containing 15.8% icosapentaenoic acid (IPA) and 9.6% docosahexaenoic acid (DHA) as the major polyunsaturates in total fatty acids of flesh lipids. The wild sea urchins contained 8.4% IPA, 8.0% arachidonic acid and 5.2% 5, 11-icosadienoic acid as the major polyunsaturates but only 1.7% DHA in total fatty acids. After feeding the fish diet for 5 months, these values became 10.2, 5.1, 4.6 and 4.5%, respectively. DHA would thus appear to be incorporated into the sea urchin gonad from the fish diet and DHA-rich sea urchin production should be possible by feeding diets with higher DHA content.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(7), 703-707, 1998-07-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276150
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4523200
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ