補酵素PQQによるオクチルアミンの酸化的脱アミノ化反応におよぼすレシチンの影響 Effects of Lecithin on the Oxidative Deamination of Octylamine by Coenzyme PQQ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

補酵素PQQによる好気性条件下でのオクチルアミンの酸化的脱アミノ化反応において, レシチンはCTABミセルに比べてより効率的な反応場を形成することを明らかにした。レシチンによって形成される二分子膜では, CTABミセルの場合のようなミセルの疎水場内部への基質の取り込みが避けられたためと推察される。

Lecithin was found to be a better reaction site than CTAB micellar system for the oxidative deamination of octylamine by coenzyme PQQ under an aerobic conditions. The bimolecular layer produced by lecithin may be considered not to incorporate a substrate into the micellar hydrophobic core, in contrast to CTAB micellar system.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(7), 713-714, 1998-07-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276169
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13418327
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ