オゴノリによるプロスタグランジンの生産 Production of Prostaglandins by the Marine Alga, Gracilaria verrucosa

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

寒天の原料として汎用される紅藻類の海藻オゴノリ(<I>Gracilaria verrucosa</I>)は,海に生息している状態ではプロスタグランジン(PG)を含まない。しかし,物理的刺激を受けると,藻体内に保有する酵素と基質を利用して多量のPGを生成した。<BR>PG生成量は乾重量あたり約2g/kgに達し、組成の90%はPGE<SUB>2</SUB>であった。生成されるPG組成は、藻体に含まれる高度不飽和脂肪酸の組成を反映するが,各PGに対応した前駆体の添加により制御可能であった。<BR>オゴノリの単藻培養により,この海藻自身がPGを生成することを確認した。また,数種のオゴノリ近縁種に少量のPG生成が認められた。

Marine red alga <I>Gracilaria verrucosa</I>, a material commonly used to make agar, contains no prostaglandins(PG) in nature. But through physical stimulation, this alga was found to produce remarkable amounts of PG using enzymes and substrates in itself.<BR>PG was produced in the amount of approximately 2g/kg in dry matter with PGE<SUB>2</SUB> at 90%. PG composition was determined mainly by polyunsaturated fatty acids present in the alga and could be controlled through use of a suitable precursor for each PG.<BR>The data for unialgal culture of <I>G. verrucosa</I> confirmed that this alga produces PG. Various species of other algae belonging to the genus <I>Gracilaria</I> were found to produce PG in small amounts.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(8), 753-758, 1998-08-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276195
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4546059
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ