オゴノリのプロスタグランジン生成機構 Mechanism for Prostaglandin Synthesis in the Marine Alga, Gracilaria verrucosa

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

シクロオキシゲナーゼ阻害剤に影響を受けない,海藻オゴノリ(<I>Gracilaria verrucosa</I>)のプロスタグランジン生成機構の解明を試みた。オゴノリのPG主生成物はPGE<SUB>2</SUB>のため,PGE<SUB>2</SUB>の前駆物質であるアラキドン酸の挙動に焦点を当ててPG生成を追究した。<BR>PG生成反応前後の脂肪酸を分析した結果,オゴノリでは糖脂質およびリン脂質がアラキドン酸の貯蔵形態と考えられた。<BR>放射性ラベルした<SUP>14</SUP>C-アラキドン酸を用いてオゴノリのPG生成経路を調べ,PGEは新奇な中間体;15-ヒドロペルオキシ-PGE<SUB>2</SUB>を経て生成することを明らかにした。

This study was made to determine the mechanism for the prostaglandin (PG) synthesis in the marine alga, <I>Gracilaria verrucosa</I>, which is not affected by the cyclooxygenase inhibitors.<BR>The major component of PG produced by <I>G. verrucosa</I> is PGE<SUB>2</SUB>. To investigate PG synthesis, attention was directed to the behavior of arachidonic acid, the precursor of PGE<SUB>2</SUB>.<BR>Glycolipids and phospholipids in <I>G. verrucosa</I> are considered to be the stored forms of arachidonic acid, based on the results of fatty acid contents before and after the PG synthetic reaction.<BR>Examination of the PG synthetic pathway in <I>G. verrucosa</I> using <SUP>14</SUP>C-labeled arachidonic acid confirmed PGE<SUB>2</SUB> to be synthesized via the novel intermediate, 15-hydroperoxy-PGE<SUB>2</SUB>.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(8), 759-763, 1998-08-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276215
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4546060
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ