抗炎症薬β-グリシルレチン酸骨格のコンホメーション変化-溶媒極性のミクロ環境効果とポリエチレングリコール側鎖の両親媒性効果- Conformational Changes in the β-Gricyrrhetinic Acid Skeleton. Microenvironmental Effects of Solvent Polarity and Amphiphilic Effects of the Polyethylene Glycol Side Chain.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 玉垣 誠三 TAMAGAKI Seizo
    • 大阪市立大学工学部生物応用化学科 Department of Bioapplied Chemistry, Faculty of Engineering, Osaka City University

抄録

トリテルペン骨格をもつ抗炎症薬β-グリシルレチン酸(β-GA)の円二色性スペクトルが,溶媒の極性によって大きく変わることを見いだし,その主因が骨格の立体配座変化であることを明らかにした。そのようなスペクトル変化はα-GAでは全く観察されない。β-GAにポリエチレングリコール側鎖を装備させるとNa<SUP>+</SUP>やK<SUP>+</SUP>よりLi<SUP>+</SUP>イオン選択性を発現させることが出来ることも分かった。

The circular dichroism (CD) of the inflammatory drug β-glycyrrhetinic acid (β-GA) with tripenoidal skelton showed considerable variation in the CD amplitude with change in solvent polarity, due primarily to the high conformational flexibility of the enone portion of the β-GA skeleton. No such variation was observed for α-GA. β-GA with a polyethylene side chain exhibited enhanced selectivity toward Li<SUP>+</SUP> over Na<SUP>+</SUP> or K<SUP>+</SUP>.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(8), 765-772, 1998-08-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276232
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4546061
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ