ジシクロペンタジエンから誘導されるペルフルオロオクチル基含有メタクリレートの合成とその共重合物のぬれ特性 Systhesis of a Methacrylate Monomer Containing Perfluorooctyl Group Derived from Dicyclopentadiene and the Wetting Property of its Copolymer

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2-(ペルフルオロオクチル)エタノールとジシクロペンタジエンの付加反応物からペルフルオロオクチル基が導入されたメタクリレートを合成した。<BR>本モノマーおよびコントロールに選定した2-(ペルフルオロオクチル)エチルメタクリレートとスチレンとの共重合性は優れ,各々モノマー反応性比はr<SUB>1</SUB>=1.35, r<SUB>2</SUB>=0.49およびr<SUB>1</SUB>=1.22, r<SUB>2</SUB>=0.99 (1:スチレン)であった。<BR>スチレンとの共重合体の塗膜およびモノマー混入の不飽和ポリエステル樹脂の硬化膜の水の接触角はペルフルオロオクチル基濃度と共に増加した。前者で徐々に増加するのに対して,後者では急激に増加した。これは有機フッ素化合物の特異性によるペルフルオロオクチル基の表面への偏在によるものと思われる。

A methacrylate introduced the perfluorooctyl group was synthesised from the 2-(perfluorooctyl) ethanol and dicyclopentadiene. The monomer and 2-(perfluorooctyl) ethyl methacrylate as control were effective for copolymerzation with styrene. Each monomer reactivity ratio were r<SUB>1</SUB>=1.35, r<SUB>2</SUB>=0.48 and r<SUB>1</SUB>=1.22, r<SUB>2</SUB>=0.99 (1: styrene) respectively.<BR>Contact angle of water on the coating sample of copolymer with styrene and cured coating sample of unsaturated polyester mixed with the monomer increased as perfluorooctyl group concentration. The former angle increased gradually with perfluorooctyl group concentration, while the latter did rapidly. It supposedly depend on localizing of perfluorooctyl group on the surface because of special properties of fluoro organic compounds.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(8), 777-782, 1998-08-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276279
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4546063
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ