Aerosol OT 逆ミセルによる水の可溶化状態に及ぼす電解質の影響 Effects of Electrolytes on Solubilized States of Water by Aerosol OT Reversed Micelles

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Aerosol OT/イソクタン逆ミセル溶液においてNaCl, NaNO<SUB>3</SUB>およびMgCl<SUB>2</SUB>水溶液の可溶化量の界面活性剤濃度依存性を測定した。それぞれのAOT濃度において, 可溶化水のケミカルシフトを測定したところ, 可溶化領域はI, IIおよびIIIの3つの領域に分割することが出来た。それぞれの領域における水の可溶化状態をRw (= [H<SUB>2</SUB>O] / [AOT]) を変化させた近赤外スペクトルの変化から調べた結果, 以前報告した電解質の存在しない水可溶化系と同じであった。すなわち, 逆ミセル中の水は活性剤の極性基と相互作用する結合水であり, 膨潤ミセル中の水は水素結合によって水和極性基と相互作用する準結合水であった。そして, W/Oマイクロエマルション中の水はバルク類似水であった。逆ミセル, 膨潤ミセルおよびW/Oマイクロエマルション形成に要する可溶化水の最小量の大きさから, 逆ミセルおよび膨潤ミセル中の結合水と準結合水は電解質によって影響を受けないのに対して, W/Oマイクロエマルション中のバルク類似水は影響を受けた。電解質の効果はナトリウム塩に関してはCl<SUP>-</SUP>>NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP>, 塩化物に関してはNa<SUP>+</SUP>>Mg<SUP>2+</SUP>の順であった。

Aqueous NaCl, NaNO<SUB>3</SUB>, and MgCl<SUB>2</SUB> solubilized by Aerosol OT reversed micelles in isooctane media were determined as a function of surfactant concentration. Three solubilization regions I, II and III were apparent based on chemical shifts of water at given AOT concentrations. The states of water in these regions were examined based on change in near infrared spectra with Rw (= [H<SUB>2</SUB>O] / [AOT]), and were found the same in the absence of electrolytes. Water in reversed micelles was bounded, interacted with polar groups of the surfactant, and in swollen micelles, was metabounded and interacted with hydrated polar groups by hydrogen bonds. Water in W/O microemulsions was bulk-like. Based on minimal solubilized water required for swollen micelle and W/O microemulsion formation, bounded and metabounded water in reversed and swollen micelles respectively were shown not affected by these electolytes, whereas bulk-like water in W/O microemulsions was so. Electrolytes effect intensity followed the order of Cl<SUP>-</SUP>>NO<SUB>3</SUB><SUP>-</SUP> for sodium salts and Na<SUP>+</SUP>>Mg<SUP>2+</SUP> for chloride salts.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(9), 853-857, 1998-09-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276402
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4718171
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ