脂質分析の進歩とその応用 Advance in Lipid Analysis and Applications

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

脂質の組成を求め, 分子構造を明らかにする分析法の最近の進歩を概観した。脂質抽出, 固相抽出法, サイズ排除クロマトグラフィーを含む基礎的操作に関する文献が示されている。脂質エナンチオマーのキラル固定相高速液体クロマトグラフィーによる分離の開発, デルタ5酸の発見と利用の経過, キラル高速液体クロマトグラフィーによるトリアシルグリセロールの立体特異的分析法のトリエルシンを主成分とする高エルカ酸油を得る遺伝子組み替えバイオテクノロジーにおける利用, 昆虫フェロモン脂肪族化合物の光学純度を得るミクロGC分析法の発展などが述べられる。

Recent development in lipid analysis for determination of compositions and characterization of molecular structures are reviewed. Important references on fundamental procedures including solid-phase extraction and size-exclusion chromatography are presented. Information on the development of chiral-phase chromatography of lipid enantiomers, discovery and utilization of delta-5 acids, use of stereospecific analysis of triacylglycerols by chiral-phase HPLC in biotechnology to obtain high-erucic oils, and methods for determination of optical purity of insect pheromones having aliphatic chain are discussed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 921-926, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  46件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276498
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585424
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ