トリアシルグリセロールの分析法の実際 The Practical Method to Analyze Triacylglycerol

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

トリアシルグリセロール分析の実際について概観した。高速液体クロマトグラフィー (HPLC) は次第にガスクロマトグラフィーに取って代わりつつある。光散乱検出器はHPLC法の可能性を拡げた。この検出器のレスポンスの変動は補正可能である。質量分析法 (MS) は複雑な天然のトリアシルグリセロールの組成解析に有効で, 特にLC/MSシステムは高感度な分析を可能にする。大気圧化学イオン化法による質量スペクトルは単純かつ定量分析に有用である。

Practical methods to analyze triacylglycerol compositions were reviewed. Reversed-phase high performance liquid chromatography (HPLC) is replacing gas chromatography for this purpose. The use of light scattering detectors has extended the flexibility of the HPLC method. Variation in response factors of the detectors are correctable. Mass spectrometry (MS) is a useful tool for compositional analysis of complex natural triacylglycerols and a combined system of HPLC and MS provides sensitive detection. Negative ion mass spectrum by atmospheric pressure chemical ionization (APCI) method are simple and useful for quantitative analysis.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 947-952, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  48件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276694
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585427
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ