HPLCによるトリアシルグリセロールの立体特異分析 Stereospecific Analysis of Triacyl-sn-glycerols by HPLC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 安藤 靖浩 ANDO Yasuhiro
    • 北海道大学水産学部海洋生物資源化学科 Department of Marine Bioresoures Chemistry, Faculty of Fisheries, Hokkaido University

抄録

高速液体クロマトグラフィー (HPLC) を使ったトリアシルグリセロール (TG) の立体特異分析法について概説した。HPLCによる分析法はジアシルグリセロールまたはモノアシルグリセロールの光学異性体 (エナンチオマー) のクロマト分離を基礎とする非酵素的な方法である。分析はTGのGrignardの分解, 部分グリセリドの単離と誘導体化, HPLC分離, および脂肪酸分析によって行なわれる。HPLC法による数種のアプローチを紹介したうえで, 分析の正確さに関わる因子として, 分析中のアシル基の転移, アシル基のロス, エナンチオマーの分離度, および脂肪酸組成の計算方法について考察した。5-オレフィン酸含有の植物油と魚油の分析データを併記した。

High-performance liquid chromatography (HPLC) for stereospecific analysis of triacyl-<I>sn</I>-glycerols (TG) does not have the drawbacks attending enzymatic methods and involves the separation of isomeric and enantiomeric partial acylglycerols, <I>i.e.</I>, monoacylglycerols (MG) and diacylglycerols (DG), farmed from TG. In this method, the Grignard hydrolysis of TG to partial acylglycerols and their isolation are carried out followed by the preparation of enantiomeric or diastereomeric urethane derivatives, their resolution by chiral- or achiral-phase HPLC and fatty acid analysis as methyl esters. The accuracy of this method depends on acyl group migration during analysis, differential loss in conversion, resolution of enantiomers and calculation for acyl compositions in <I>sn</I>-1, <I>sn</I>-2, and <I>sn</I>-3 positions. Soybean, pine seed, yew seed, and saucy oil TG have been analyzed.

収録刊行物

  • 日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society  

    日本油化学会誌 = Journal of Japan Oil Chemists' Society 47(10), 953-962, 1998-10-20 

    Japan Oil Chemists' Society

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002276743
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10512582
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13418327
  • NDL 記事登録ID
    4585428
  • NDL 雑誌分類
    ZP25(科学技術--化学・化学工業--油脂類)
  • NDL 請求記号
    Z17-255
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ